死に至ることもある危険な成分が含まれている

http://christophersu.org/tyuwudoku/siniitaru.html

ここでは脱法ハーブを吸引目的で購入し実際に使うと、どのような症状がおこり化学薬品の副作用がどれほど恐ろしいかを語りたいと思います。

まず、脱法ハーブと言われる言葉についてお話します。『脱法』とは、規制されてない法律の部分であり、グレーゾーンの部分を指します。ただの『ハーブ』という言葉を合わせることで、『脱法ハーブ』と呼ばれるようになりました。

正直なところ、この合法ハーブと聞いただけで、まともな人なら『怪しい』『危ない』『怖い』などの警戒心を持つ方が当たり前です。でも逆に、『違法じゃない』『面白そう』『捕まらない』などの好奇心も同時にわきます。

この分かれ道の選択次第で、脱法ハーブ中毒になってしまうんです。よく耳にする『私は大丈夫』は通用しません。一度でも脱法ハーブに手を出したらそのまま転落人生を下ります。

ここからがもっとも大事な話なんですが、中毒になるイコール『副作用』が出てると認識してください。

各細胞に指令を出す脳神経を破壊

脱法ハーブに関わらず、脱法が付く名前のアロマ商品(リキッド・パウダー)などを使い続けると、依存性の副作用が訪れます。覚せい剤と似た成分が含まれてるのでこの症状が出るのは当たり前のことです。

そして、幻覚や幻聴または、被害妄想やパニック障害などの精神病に似た病気を発症します。さらに進行すると、レントゲンで確認できるほどはっきり脳の委縮が確認でき、痙攣や麻痺などの運動神経も壊されていきます。

数か月たらずでこのような症状が現れ廃人になるまでさほど時間は掛からないそうです。

副作用を抑える薬が無いから危険

法律の規制を掻い潜りながら製造販売される脱法商品は、多種類の化学薬品が含まれ、その成分自体を国が把握出来てない為に、治療法がないと言われてる。これは、色々調べてるけど確かな情報だと思う。

だからこそ軽い気持ちで脱法ハーブなどのアロマ商品に手を出しては危険なんです。特に未成年や若い世代の人達は、楽しければいいとその場のノリで使用する場合があります。そのような若者を見かけたらそばに駆け寄り注意してあげましょう。

Copyright © 2017 クリストップ All Rights Reserved.